平泳ぎは股関節とお尻の筋肉の柔軟な動きがポイント

平泳ぎは股関節とお尻の筋肉が可動性が重要なポイントになりますね。
そもそも平泳ぎだけは他の泳ぎ方の中でキックがメインとなる泳ぎになることから、股関節やお尻の柔軟な動きがスピードアップするには大事な役割をします。

 

 

実際にトップスイマーになると、水を蹴っているのに壁を蹴っているような感覚を得ることが出来るといいます。
そのようにするには、股関節を内側に捻って、足の裏を後方に向けてキックをする必要があります。

 

 

ですが、それとは反対に、お尻の筋肉を使う泳ぎ方だけに、股関節が硬くなりやすいということがあるでしょう。

 

 

そして、上半身で引っ張る泳ぎになってしまうと、身体が立って水の抵抗が大きくなりますし、キックも蹴り下ろしになってしまうので、それだけ推進力が得られなくなってしまうのです。

 

 

更に、バタフライのように身体が起こすような感じになってしまうと、体が沈んでしまいスピードも出ない泳ぎ方になってしまうので注意が必要です。
ただ、平泳ぎには身体をうねらせる動作がどうしても出てしまうので、このような悩みを持つスイマーがいますが、出来るだけ水面近くに腰の位置を維持する必要があるでしょう。

 

 

この【女性スイマー用に開発】北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表 種田恵監修の平泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、そのコツをDVDの映像で詳しく解説してあります。

とても重要ポイントになるので、しっかり押さえて反復練習をすることで、非力な女性スイマーでも年齢問わず、短期間でベストタイムを更新することが期待出来るでしょう。

 

身体が沈んでしまってスピードが出ない平泳ぎの改善法をお教えします!

 

平泳ぎスピードアップ・プログラムの詳細を見てみる