平泳ぎのコツ

ここでは平泳ぎで減速を最小限にとどめてスピードアップする為の泳ぎ方のコツを中心にお伝えしています。
記録を伸ばす為の参考になれば幸いです。

平泳ぎのコツ記事一覧

平泳ぎは股関節とお尻の筋肉が可動性が重要なポイントになりますね。そもそも平泳ぎだけは他の泳ぎ方の中でキックがメインとなる泳ぎになることから、股関節やお尻の柔軟な動きがスピードアップするには大事な役割をします。実際にトップスイマーになると、水を蹴っているのに壁を蹴っているような感覚を得ることが出来るといいます。そのようにするには、股関節を内側に捻って、足の裏を後方に向けてキックをする必要があります。...

平泳ぎでワンストロークごとにストリームラインを入れていますか?平泳ぎは、クロールや背泳ぎ、バタフライなどと違って推進力と水の抵抗力が大きくなり、加減速を繰り返すような泳ぎになることから、減速を最小限にとどめて、加速と減速の振り幅を小さくすることでスピードもアップさせることが出来ます。そして、最も水の抵抗を受けにくい姿勢である平泳ぎのストリームラインとは、両腕は耳の少し後ろにつくようにして真っ直ぐに...

平泳ぎの水中動作が上手く出来ていますか?平泳ぎでは、腕と脚の動作の全てが水中で行われるので、なかなかトップ選手の泳ぎを見ても、どのような動きでひと掻きひと蹴りが行われているのか、テレビなどを見ても分かりにくいものですね。。水の抵抗を受けにくいのは流線型ですが、平泳ぎの場合は、呼吸をする時には頭を水面から出すのでどうしても下半身が沈みやすくなります。これを最小限に抑えながら、水平位置を保つようにする...

平泳ぎはフォーム(基本姿勢)が大事な泳法だと思います。何故なら、4種目の中でも泳ぐ際に水の抵抗が最も大きく、速く泳ぐにはストリームラインが大事なるので、それだけフォームをしっかり身につけることが大切だからです。そんな平泳ぎには大きなポイントとなるのは、大きく2つあるのではないかと思います。一つは、水を胸にかき込め始める動作であるプルとキックのタイミングです。胸の前で掻き終わって、水を掻いた両腕を前...

平泳ぎは4泳法のなかで最もキックの重要性が高い泳ぎ方になりますね。まずは、その際の足の引きつけが大切になってくると思います。ですが、泳法技術のなかで、初心者にとって一番難しいのが平泳ぎのキックでしょう。何故なら、動きが複雑だからです。その為、平泳ぎでなかなか前に進まないというスイマーの場合、我流の間違ったキックをしてしまっていることが多いかもしれません。なので、泳ぎが速い遅い、上手い下手はキックの...