平泳ぎの水中動作のポイント

平泳ぎの水中動作が上手く出来ていますか?
平泳ぎでは、腕と脚の動作の全てが水中で行われるので、なかなかトップ選手の泳ぎを見ても、どのような動きでひと掻きひと蹴りが行われているのか、テレビなどを見ても分かりにくいものですね。。

 

 

水の抵抗を受けにくいのは流線型ですが、平泳ぎの場合は、呼吸をする時には頭を水面から出すのでどうしても下半身が沈みやすくなります。
これを最小限に抑えながら、水平位置を保つようにすることが大切です。

 

 

また、壁を力強く蹴ってストリームラインの姿勢を取って伸びますが、直ぐに手のひらで水をかき始めるのではなく、少し間をとってから、肩幅程度に手を開き、そこで曲げて肩のラインより前でストロークするのが、平泳ぎの水中動作のコツのひとつです。

 

 

肩幅より大きく開いたり、後ろまでいってしまうと、戻す動作が大きなブレーキになってしまいますし、身体の近くでかいたほうが力も入りやすいからです。
また、手を開く時には、親指と人差し指とくつけて力を入れるように意識して行うと水をかきやすくなりますよ。

 

 

一方、キックはストロークの動作を終えてから行い、終わるタイミングで踵をお尻に引き付け、手を前に伸ばしながらキックを行うようにします。。
これは意外と複雑な動きなので基本をしっかり押さえておかないと、その後のタイムが伸び悩むことになります。

 

 

そして、ストロークのキックをスムーズに連動させて、その後に全身を伸ばします。
このコンビネーションが平泳ぎの鍵になります。
特に初心者や女性で記録に伸び悩んでいる人に多く見られるのは、伸びない泳ぎをしがちです。

 

 

いずれにしても、平泳ぎの水中動作のポイントは、手のかきとキックのコンビネーションを上手く連動させて、効率的に推進力を得ながら、それを生かす為に全身を伸ばすことです。
「かいて蹴るぅ〜」をリズムよく行い、最後の「う〜」で水中を気持ちよく泳いで進んで行けるようになりましょう。

 

 

ベストタイム更新を阻む下手な「ひと掻きひと蹴り」の特徴と、その矯正法とは?

 

平泳ぎスピードアップ・プログラムの詳細を見てみる